DHAサプリで体に必要な栄養素を摂取する

必要な栄養素なのに体内ではほとんど作られない

DHAはドコサヘキサエン酸のことですが、私たちの体にとって必要な栄養素(脂肪酸)です。心臓や脳、母乳、胎盤などに含まれているものなのですが、体内で作られることはほとんどなく、食事で摂取しないといけないのです。

DHAを摂取した方がいい人

  • 妊娠中の人
  • 普段魚をあまり食べない人
  • お年寄り
  • 赤ちゃん

DHAサプリで体に必要な栄養素を摂取する

サプリメント

DHAは1日に1g摂取する

DHAは体内で作られないため、食事から摂取しなくてはいけません。野菜や豆から摂取することも可能ですが、脂ののった魚の方が摂取しやすいでしょう。1日に1~1.5gが目安なので、ぶりの刺身なら4~5切れ、焼いたサンマなら1尾、サバ水煮缶なら190g程度を摂取すれば大丈夫です。

青魚を食べよう

魚の中でも特に多くDHAを含んでいるのが青魚です。日本人はもともと魚を多く食べていましたが、ライフスタイルが変化したことによって、食べる機会が減っています。イワシやサバの缶詰にも多く含まれているので、調理の仕方を工夫してみるといいでしょう。

魚が苦手な人はDHAサプリに頼る

どうしても魚が苦手だったり、忙しくて栄養バランスが偏りがちだったりする人は、DHAサプリを利用するといいですね。簡単に摂取できるので、ストレスなく続けられるはずです。

脂肪酸の分類

飽和脂肪酸

動物性食品に多く含まれるもので、肉や乳製品が当てはまります。飽和脂肪酸は取りすぎてしまうと、悪玉コレステロールや中性脂肪が増えててしまうため、気を付けないといけません。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」「高度不飽和脂肪酸」の2つに分けられます。更に、高度不飽和脂肪酸は「ω-3系脂肪酸」「ω-6系脂肪酸」に分かれます。ゴマや納豆、オリーブ油、魚などに含まれている油です。

一価不飽和脂肪酸

代表的なのはオレイン酸で、オリーブ油に含まれているものです。食物油の中でも消化・吸収が良く、体内で酸化されにくいのが特徴です。また、動脈硬化や胃潰瘍、便秘などの予防に効果的だと言われています。

広告募集中